後遺症障害の認定

後遺症障害は交通事故や日常生活での事故や事件等色々な場合で、体に障害をおってしまった場合に支援してくれる国が設けているシステムとなっており、障害者になっても普通の人と同じような生活を送れるようにする事を目的としています。

私達は何が起きてもおかしくない世界で生活しており、生まれた時から障害を持っていなくても、不測の事態に遭遇して障害をおってしまう可能性もありえるのです。
一番いいのは何事もなく、自分らしい生活が送れればいいのですが、車社会となった現代では事故の面はどうしても防止する事が難しいのです。
そこで実際に交通事故や事件等で後遺症をおってしまった場合、どのような流れで後遺症障害の認定が行われて支援を受ける事ができるか紹介します。

まず、後遺症障害の認定には等級というものが存在しており、負っている障害がどのようなものかということを判断するのです。
等級は14級から1級まであり、1級に近づくにつれて障害が重く、受けられる支援のレベルも高くなります。
簡単に紹介しますと14級の障害と認定される人の特徴は、日常生活は送れるけど、社会に出て働く事が難しい状態で、耳の聴力が1メートル以上の距離から小声で話されも聞こえない等が挙げられるのです。
1級になると日常生活も困難で、社会に出て働く事は不可能に近いという状態になり、両耳が聞こえないや両目が見えないなど障害のレベルが高い状態になります。

簡単に説明したので、細かい部分は省かせて頂いているのですが、後遺症障害の等級の認定を受けるには、それぞれの等級の条件を満たしている必要があり、その条件を医療機関から判断してもらって証明書類としてもらう必要があるのです。
これからのページで後遺症障害の等級の認定を受けた際の補助を紹介します。



○管理人推奨サイト
交通事故等で後遺症をおってしまった場合の後遺症障害の認定をサポートしています。
→→→ 交通事故の後遺症